2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. 2017お勉強会
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. リザルト四国
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. リザルト関東
  10. リザルト中部
  11. リザルト関東
  12. MFJトライアル
  13. KLX230skidplate
  14. リザルト関東
  15. リザルト九州
  16. 2019.11.21

    地球温暖化?
  17. MFJトライアル
  18. イベント(その他)
  19. リザルト中国
  20. リザルト中国
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. MFJトライアル
  26. リザルト近畿
  27. リザルト中国
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. 2019.10.13

    台風一過
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. リザルト関東
  35. イベント(大会)
  36. イベント(その他)
  37. MFJトライアル
  38. 2017TDN
  39. トライアル・デ・ナシオン
  40. リザルト関東
  41. リザルト東北
  42. リザルト中国
  43. リザルト関東
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. リザルト沖縄
  47. MFJトライアル
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. イベント(大会)
  53. リザルト中国
  54. リザルト東北
  55. イベント(大会)
  56. イベント(大会)
  57. リザルト中部
  58. リザルト四国
  59. 2019.08.02

    最近の星空
  60. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2015シェフィールド表彰式

2015Xトライアル開幕

 インドアトライアル世界選手権「Xトライアル」が新年早々、開幕した。
 2015年1月3日、開幕戦はイギリスのシェフィールド。ドギー・ランプキンの出身地に近い、イギリスの伝統のインドアトライアルイベントだ。

 Xトライアルではトニー・ボウの連戦連勝が続いているが、その強さは2015年もあいかわらずだ。ボウがモンテッサのライダーとなってチャンピオン連覇を始めたのは2007年からなのだが、モンテッサとボウの組み合わせでは57戦戦い、うち39戦で勝利している。連勝記録も2010年以来、27連勝に上っている。
 シェフィールドは西ヨークシャーの工業都市で、19世紀の産業革命の時代には鉄工で栄えた年でもある。シェフィールドのスタジアムは6,000人を収容できる立派なもの。ここに6人のライダーがノミネートライダーとして集められた。これにゲストライダーとして、ふたり。合わせて8人がXトライアル開幕戦に挑む。
 毎年このノミネートライダーに選ばれていた藤波貴久は、シーズンオフに膝の手術を受けてそのリハビリ中。アウトドアの成績から、今年のXトライアルにも出場のオファーはあったが、膝の状態をより完璧に回復させるために出場を辞退している。
 チャンピオンのボウ、アルベルト・カベスタニー、アダム・ラガ、ジェロニ・ファハルドの4人のスペイン人に、イギリス人のジェイムス・ダビル、それにスウェーデンのエディ・カールソンがノミネートライダーとして選ばれている。
 今回はイギリス人のマイケル・ブラウンとアレッシャンドレ・フェレール(フランス)がゲスト。8人のライダーはクォリファイラップと称される1ラップ目で4人に絞られて、4人がファイナルラップの2ラップ目で勝利を競う。

2015シェフィールドのボウ今年も無敵ボウの快進撃が始まった

 クォリファイを戦っているうちからボウの勝利は疑いようがなく、勝負の焦点は残る3人のスペイン人ライダーのどの二人が表彰台を獲得するか、そして2位となるのは誰か、ということになった。
 その戦いを制したのはカベスタニー。カベスタニーは2014年もXトライアルでランキング2位となっているから、連続2位に向けて幸先のいいスタートを切ったことになる。

2015シェフィールドのカベスタニーまずまずの2位を得たアルベルト・カベスタニー

 3位で表彰台を獲得したのはラガ。ファハルドは表彰台を逃したが、インドアでは意外に不運な定位置になってしまうことが多いファハルドのこと、開幕戦での4位は上出来ではないものの、最低限のポジションを確保したといえるのではないだろうか。
 優勝したボウは「今回のセクションはやさしめだったので、小さなミスが勝利を逃すことになると思い、ていねいにセクションを攻略した」と語り、初めてのインドア世界選手権を終えたカールソンは「すべてが学習で素晴らしい体験だった。この経験を持とに、自分のライディングをもっとインドアスタイルに合わせたものに進化させていかなければいけない」と語った。カールソンはオール5点でクォリファイを敗退している。
 第2戦は1月31日、南フランスの地中海に面したマルセイユで開催される。

2015シェフィールドのラガ3位となったガスガスのアダム・ラガ

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/01/2015_1_Sheffield.pdf

関連記事

Kawasaki KLX230用・Rikizoh チタニウム製エキゾーストパイプ

「ぱわあくらふと」のパーツブランド『力造』からKawasaki KLX230用・Rikizoh チタニウム製エキゾーストパイプが発売されまし…

2017お勉強会

5/16高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

イベント(大会)

2/9・3/15里山トライアル

第52回里山トライアル大会 第53回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(その他)

4/26中部クラシックトライアルミーティング

昨年初めて開催し好評のうちに終わりましたクラシックトライアルミーティングを今年も鷲ヶ岳スキー場にて開催します。 (さらに&helli…

正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーできない可能性

MONTESAとTRRS輸入元エトスデザインより、正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーができないというお知らせで…

セロー225用ワイドステップセット

ぱわあくらふとより、YAMAHAセロー225用ワイドステップセットが、グレードアップして発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2020年1月号電子版できました!

遅くなりました。2020年1月号、電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手持ちの電子端末(パソコン、タブレット、スマートフォンなど)で…

自然山通信2020年1月号発売!

令和2年になりました。2020年1月号の発売開始です。毎年恒例【2019MFJ全日本トライアル全結果・MFJ非公認自然山通信オリジナル】掲載…

リザルト四国

201912/31

行く年トライアル

行く年トライアルin生名トライアルパーク ●2019年12月31日 ●愛媛県生名島 順位名前マシン減点クリーン エコノミーク…

イベント(大会)

201912/30

1/3有東木お正月

2020年有東木お正月トライアル大会 2020年1月3日(金) 受付:8時30分~ エントリー費:4,000円 クラ…

ページ上部へ戻る