2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2015シェフィールド表彰式

2015Xトライアル開幕

 インドアトライアル世界選手権「Xトライアル」が新年早々、開幕した。
 2015年1月3日、開幕戦はイギリスのシェフィールド。ドギー・ランプキンの出身地に近い、イギリスの伝統のインドアトライアルイベントだ。

 Xトライアルではトニー・ボウの連戦連勝が続いているが、その強さは2015年もあいかわらずだ。ボウがモンテッサのライダーとなってチャンピオン連覇を始めたのは2007年からなのだが、モンテッサとボウの組み合わせでは57戦戦い、うち39戦で勝利している。連勝記録も2010年以来、27連勝に上っている。
 シェフィールドは西ヨークシャーの工業都市で、19世紀の産業革命の時代には鉄工で栄えた年でもある。シェフィールドのスタジアムは6,000人を収容できる立派なもの。ここに6人のライダーがノミネートライダーとして集められた。これにゲストライダーとして、ふたり。合わせて8人がXトライアル開幕戦に挑む。
 毎年このノミネートライダーに選ばれていた藤波貴久は、シーズンオフに膝の手術を受けてそのリハビリ中。アウトドアの成績から、今年のXトライアルにも出場のオファーはあったが、膝の状態をより完璧に回復させるために出場を辞退している。
 チャンピオンのボウ、アルベルト・カベスタニー、アダム・ラガ、ジェロニ・ファハルドの4人のスペイン人に、イギリス人のジェイムス・ダビル、それにスウェーデンのエディ・カールソンがノミネートライダーとして選ばれている。
 今回はイギリス人のマイケル・ブラウンとアレッシャンドレ・フェレール(フランス)がゲスト。8人のライダーはクォリファイラップと称される1ラップ目で4人に絞られて、4人がファイナルラップの2ラップ目で勝利を競う。

2015シェフィールドのボウ今年も無敵ボウの快進撃が始まった

 クォリファイを戦っているうちからボウの勝利は疑いようがなく、勝負の焦点は残る3人のスペイン人ライダーのどの二人が表彰台を獲得するか、そして2位となるのは誰か、ということになった。
 その戦いを制したのはカベスタニー。カベスタニーは2014年もXトライアルでランキング2位となっているから、連続2位に向けて幸先のいいスタートを切ったことになる。

2015シェフィールドのカベスタニーまずまずの2位を得たアルベルト・カベスタニー

 3位で表彰台を獲得したのはラガ。ファハルドは表彰台を逃したが、インドアでは意外に不運な定位置になってしまうことが多いファハルドのこと、開幕戦での4位は上出来ではないものの、最低限のポジションを確保したといえるのではないだろうか。
 優勝したボウは「今回のセクションはやさしめだったので、小さなミスが勝利を逃すことになると思い、ていねいにセクションを攻略した」と語り、初めてのインドア世界選手権を終えたカールソンは「すべてが学習で素晴らしい体験だった。この経験を持とに、自分のライディングをもっとインドアスタイルに合わせたものに進化させていかなければいけない」と語った。カールソンはオール5点でクォリファイを敗退している。
 第2戦は1月31日、南フランスの地中海に面したマルセイユで開催される。

2015シェフィールドのラガ3位となったガスガスのアダム・ラガ

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/01/2015_1_Sheffield.pdf

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る