2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. 2020.04.05

    福島市へ行く
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト四国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト沖縄
  22. イベント告知
  23. 2020XTDN延期
  24. イベント(大会)
  25. SSDT中止
  26. イベント(大会)
  27. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  28. リザルト関東
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(スクール)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト近畿
  40. リザルト沖縄
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. イベント(その他)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト沖縄
  48. イベント(大会)
  49. イベント(その他)
  50. リザルト関東
  51. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ボウ初優勝、藤波6位



世界選手権初優勝、トニー・ボウ

 世界選手権開幕戦が終わった。
 インドア世界選手権開幕戦の衝撃同様、トニー・ボウが優勝。トニーはこれが初優勝。
 2位は、序盤に大量失点があったアダム・ラガ。最終セクションまで2位につけていたドギー・ランプキンが3位。
 4位にアルベルト・カベスタニー、5位ジェロニ・ファハルド、そして6位に藤波貴久が入った。



今年のボウは、いよいよ本領発揮か?

 今回のセクションは、世界選手権では久々にダイナミックでハード。5点をとってもすぐに気持ちを切り替えて次にチャレンジすることができる。しかしそんな中で、ボウはクリーンを連発。ラガやランプキン、カベスタニーらが思わぬ失点を重ねていくのを尻目に、序盤から独走態勢を敷いていった。
 藤波貴久は、インドア、アルゼンチン大会で負った指の負傷が骨折に発展。その指もトライアルライダーにとってもっとも重要な左手人さし指だからたまらない。金曜日に久しぶりにマシンを走らせたところ、小川毅士がすいすい走るところをつっかえてしまう。クラッチが自由に使えないということは致命的。仮に走っても、ポイント獲得はむずかしいのではないかと思わせた。



6位はがんばった結果。藤波貴久

 しかし試合が始まってみると、周囲が5点を連発するのにも助けられて、意外に点数がよい。一時は2位のポジションにつけるという望外の好成績で試合を進めていった。もっとも藤波自身はこの成績が最後まで続くとはとうてい思っておらず、後半に指が力尽きて動かなくなる前に、少しでもアドバンテージをとったと安心するのがせいぜいだった。
 1ラップ目が終わって、トップはボウ29点。2位はランプキンの33点で、ファハルド38点と続く。ラガ43点、藤波44点、カベスタニー45点と、このあたりは接戦だが、藤波は指が使えないことを考えると、予想外の善戦をしているといえる。



ヨーロッパでの世界選手権デビュー
小川毅士

 2ラップ目、トップライダーが揃って点数を縮める中、藤波はやはり指の具合が限界になっていた。痛くて、まともに動かない。セクションのエスケープも多用しながら、なんとか試合の最後まで指に動き続けてもらうための作戦となった。
 2ラップ目にスコアのよかったのはラガ。一気に17点でまとめて1ラップ目の1/3近い減点数だ。カベスタニーが20点でこれに続き、ボウが23点。これで、ボウはライバルに10点近い差をつけて、勝利を手中にすることになった。
 2位は最終セクションまでランプキンがつけていたが、最終セクションでわずかなミス。2点を喫するとともに、2位の座をクリーン差でラガに譲ることになってしまった。



ときに小川は、
ランプキンをしのぐ走りを見せた。

 藤波は結局5位ファハルドに13点差の6位となったが、途中でリタイヤすることも視野にはいっていたというコンディションからしたら、これ以上ない結果となった。ランキング争いには緒戦から大きなハンディとなったが、それよりも、まずは指をきちんとなおして実力を発揮できるコンディションを取りもどすこと、さらに1週間後に迫っている第2戦に向けて、少しでもよい状態を復帰させる必要がある。
 波乱含みで始まった世界選手権。2006年シーズンは、まだまだいろんなことがありそうだ。

Pos. Rider Nation Machine Points Clean
1 トニー・ボウ スペイン ベータ 52 13
2 アダム・ラガ スペイン ガスガス 60 14
3 ドギー・ランプキン イギリス モンテッサ 60 11
4 アルベルト・カベスタニー スペイン シェルコ 65 9
5 ジェロニ・ファハルド スペイン ガスガス 67 9
6 藤波貴久 日本 モンテッサ 80 8
7 マルク・フレイシャ スペイン スコルパ 93 8
8 タデウス・ブラズシアク ポーランド スコルパ 107 3
9 ダニエレ・マウリノ イタリア ガスガス 113 3
10 ジョルディ・パスケット スペイン ガスガス 120 3
11 ジェームス・ダビル イギリス ベータ 121 2
12 ジェローム・ベシュン フランス ベータ 128 2
13 小川毅士 日本 モンテッサ 132 2
14 チャビエル・レオン スペイン ガスガス 138 0
15 ジョセ・マリア・ジュアン スペイン ベータ 140 0
Pos. Rider Nation Machine Points Clean
1 マイケル・ブラウン イギリス ベータ 27 17
2 ダニエル・ジベール スペイン モンテッサ 36 13
3 ダニエル・オリベラス スペイン ガスガス 42 18
4 フランチェスコ・イオリッタ イタリア モンテッサ 59 6
5 ニコラス・ゴンタード フランス ガスガス 73 7
6 フレデリック・ヨハンソン スウェーデン ガスガス 79 4
Pos. Rider Nation Machine Points Clean
1 ロリス・グビアン フランス シェルコ 22 20
2 アレックス・ウィグ イギリス ガスガス 25 19
3 ニコラス・カリム フランス ガスガス 26 18

関連記事

プロターとの思い出、プロヴィーニさんとの思い出

ちょっと探し物をしていた時に(なぜか娘の家で)発掘されたなにやらの賞状らしきもの。なんだろうね、これ?? とすっかり記憶が失せていたのだけど…

MFJトライアル

全日本関東大会の日程変更とGC大会の中止他

COVID-19による全面自粛騒動から一歩進んで、これから、ちょっとずつ日常に戻ってくる。それに合わせて、イベントスケジュール情報もいろいろ…

ガエルネ・バランスクラシック新色発売!

マシンとの一体感を極限まで高めた、究極のマン=マシンバランスを実現。進化を遂げたガエルネ最高峰トライアルブーツ「BALANCE CLAS…

日本GPは結局中止、TDNも中止に

COVID-19による大会中止、その新たなお知らせ。犬が人を噛んでもニュースにならないように、ニュースにするなら大会が開催される! というお…

野崎史高のファイナル・セロー

ヤマハのロングセラーのセローの開発終了となり、セローファイナルエディションが発表されて現在発売中なのはご存知の通りだけど、このたび、野崎史高…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦も中止に

メッツカップ第2戦(7月5日・会場オフロードパークSHIRAI)は、残念ですが中止いたします。 (さらに…)…

7月12日の全日本北海道大会は中止

全日本選手権シリーズは、COVID-19の影響で開幕が遅れているが、ここまで事実上の開幕戦となることになっていた北海道大会の中止が発表された…

TrialGP、イタリアとイギリスも延期

世界的にCOVID-19の騒ぎがなかなかおさまらない。2020年トライアルGPは、すでに6月の大会まで延期が決まっているが、5月2日にはさら…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売開始!世界中のトライアルイベント延期・中止が続いてます。自然山通信5月号ではIASライダー全員に出場していただき「202…

自然山通信2020年5月号電子版

自然山通信電子版は自粛せず、みなさまのメモリー空間にお届けします。PDFで配信いたしますので、ダウンロードして、お手元の電子端末(パソコン、…

ページ上部へ戻る