2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. 2020.04.05

    福島市へ行く
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト沖縄
  27. イベント告知
  28. 2020XTDN延期
  29. イベント(大会)
  30. SSDT中止
  31. イベント(大会)
  32. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  33. リザルト関東
  34. イベント(大会)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(スクール)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト近畿
  45. リザルト沖縄
  46. イベント(大会)
  47. イベント(大会)
  48. リザルト関東

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

CS90、プレ65完走

 プレ65は、1965年以前のマシンによるクラシックトライアル。1965年、ブルタコシェルパがデビューして、それまでの重厚なイギリスマシンによるトライアルが一変した。プレ65は、ブルタコシェルパ以前の、重厚なトライアルを楽しむ人たちの集いだ。出場マシンは、最軽量がトライアンフやBSA、ノートンなど、中には2気筒マシンやリヤサスがないマシンもある。
 こんなプレ65にあって、今年はひとりの日本人選手が出場した。森浩二郎選手。お住まいは京都府亀岡トライアルランド。国際A級森進太郎を兄に持つ血統書付トライアル青年。日本人がプレ65に参加したのは、1999年のトシ西山さんにつづいて二人目だ。
 そしてマシンはCS90。れっきとしたホンダ製。ホンダ製マシンがプレ65に出場するというのも、これがはじめてではなかったろうか。
 ということで、以下はSSDT出場のためにスコットランドにいる杉谷からの情報。

 プレ65の1日目。森浩二郎君(21歳)はゼッケン133番でスタート。ホンダCS90(1964年型)を日本からフランスに送り、フランスでナンバー登録、同じく今回のプレ65に出場するフランスの友人達と会場にやってきた。
 年式的には65年以前の車両なんだが、事前に主催者に「日本車で出てもいいのか?」と問い合わせをしたら快い返事が返ってきたので準備を進めたそうだ。エントリーについてはわからなことだらけなので、何度か出場経験のあるフランスの友達にすべてをまかせたとのこと。
 金曜日朝10時が第1ライダーのスタート。1分間隔でライダー2名づつスタートする。スタート待ちする森君のマシンに、観客もライダー達も、興味深く集まってくる。
 興味深くCS90を見ている人たちの中から、「おまえ、エアがパンパンだぞ。ちゃんと見たのか?」と森君に声をかけてきたのはサミー・ミラーさん。すぐに自分のポケットからエアゲージを取り出し、ミラーさん自らエア調整をしてくれてからのスタートとなった。

 1日目の最終セクションの一つ前にあるパイプラインで森君と会う。
「セクションはそう難しいことはないんやけど、コースがきつくて。コースの登りがで滑って全然進めなくてえらいですわ。このパイプラインが今日のセクションでいちばん難しそう。僕のマシンはエンジンパワーがないから登り切れないかも」
 残念ながらパイプラインは、200cc〜500ccのマシンの中で90ccの不足パワーで十分にスピードをのせられず途中でストップしてしまった。
<5月2日追記>
 金曜日、土曜日の2日間の競技が終わって、森くんの成績は144位。
 金曜日の減点85、タイムオーバーなし。土曜日が減点75、タイムオーバーなし。トータル減点は160点。
 完走は150名だった。1999年に日本人として初めて参加した西山俊樹さんはマシントラブルで完走を果たしていないので、森くんは日本人として初めてプリ65を完走した日本人、ということになる。
 ちなみに優勝はニール・ガウントという人で、減点は3点だった。
 往年のGPライダー、ミック・グラント(楕円ピストンのNR500を片山敬済とともにデビューさせた人)は減点19で17位、イギリスの黄金時代のトライアルトップライダーのひとりデイブ・ソープおじさんは減点6で5位に入っている。日本にもおなじみのミック・アンドリュースの名前が、減点154で139位にあった。

関連記事

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(大会)

8/2ケニーズクラブ30周年記念大会

皆様のおかげで30年続けることが出来ました。感謝感謝。つきましては節目となるささやかな大会と記念品を用意し、お待ち申し上げます。 時節…

イベント(大会)

7/26 Gattiスクール杯

7年ぶりに開催決定!!からコロナの影響受けキャンセルに……。しかし再び開催決定です。 ゆるーいクラス~実戦クラスまで対応したセクション…

ダブルハピネスかわうち

川内村には、2016年にできた商業施設がある。そこに、この5月から汁なし坦坦麺が食べられる食堂が開店した。 (さらに……

イベント(大会)

7/26 Gattiスクール杯

7年ぶりに開催決定!! からコロナの影響受けキャンセルに…… しかし再び開催決定です。 ゆるーいクラス~実戦クラスまで対応したセクション…

2017お勉強会

7/18高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

第55回里山トライアル大会

第55回里山トライアル大会 ●2020年6月14日 ●埼玉県里山トライアルエリア (さらに…)…

ページ上部へ戻る