2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. 2020.04.05

    福島市へ行く
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト四国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト沖縄
  22. イベント告知
  23. 2020XTDN延期
  24. イベント(大会)
  25. SSDT中止
  26. イベント(大会)
  27. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  28. リザルト関東
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(スクール)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト近畿
  40. リザルト沖縄
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. イベント(その他)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト沖縄
  48. イベント(大会)
  49. イベント(その他)
  50. リザルト関東

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ランプキン、藤波でワンツー


左から、藤波、ランプキン、ボウ

 強いランプキン、強い藤波が帰ってきたか。
 6月25日、フランスGPは、ドギー・ランプキンと藤波貴久が同点クリーン差で1、2位を分けあった。
 3位はトニー・ボウ、アダム・ラガは4位となって、今シーズン初めて表彰台を逃した。


 ラ・シャトレという小さな街での開催となった今回のフランス大会。セクションはとてもとてもむずかしかった。特にニュースでもないが、トップ8をのぞいたライダーが減点100オーバーとなった。チェコのデ・ナシオン代表選手であるスボーダはオール5点で試合を終えた。


ドギー・ランプキン

 1ラップ目、ラガが絶好調。今シーズン、序盤の失敗を取り返して試合をまとめるパターンのおおいラガにしては、異例の滑り出しだった。1ラップを終えてトップはラガ、ボウが5点差、藤波が6点差、ランプキンは9点差で6位と苦戦していた。
 試合の流れを変えたのは2ラップ目の第1セクションだった。ラガとボウがここで5点となった。藤波は1点、ランプキンはクリーン。さらに第3、第4でもラガはミスを犯し、モンテッサの二人にとっては、一気に道が開けた展開となった。第4では藤波が5点となりランプキンはクリーン。ランプキンの追い上げが急だ。
 勝利は、結局クリーン差の勝負の結果となった。ランプキンが14、藤波が12。これで、藤波は勝利を逃すことになった。アメリカ、日本と、調子を上向かせたい大会で不調に終わった藤波にとっては、なんとしても勝っておきたいところだったが、一方ランプキンとしても、勝ち星のないままシーズンを進めるわけにはいかない。ここでの勝利は、ランプキンにはとても大きな勝利となったにちがいない。


藤波貴久

 観客は4000人。天気が悪かったにもかかわらず、多くの観客がトライアルを楽しんだ。
 ジュニアクラスは二人のスペイン人が表彰台に立った。オリベラスは5点差でジベールに勝利。イギリス人のブラウンは表彰台は得たが、ついにランキングトップを譲り渡してしまった。3人の争いが非常にし烈で興味深い今年のジュニアクラスである。
 ユースクラスではアルフレッド・ゴメスが初優勝。2位はロス・ダンビー。これまでの展開とちょっとちがう結果が出て、ちょっとびっくりだ。
 世界選手権前日のヨーロッパ選手権では、ポイントリーダーのジェームス・ダビルは7位に沈んでいる。優勝はダニエル・オリベラス、2位はダニエル・ジベール。ユース125出身のこのふたりが、めきめきと実力を身につけてきている。125クラスではアレックス・ウイグ(日本大会アメリカ大会を欠席した)が勝利している。

Pos. Rider Machine Pen. Clean
世界選手権
1 ドギー・ランプキン モンテッサ 52 14
2 藤波貴久 モンテッサ 52 12
3 トニー・ボウ ベータ 54 14
4 アダム・ラガ ガスガス 57 11
5 アルベルト・カベスタニー シェルコ 62 13
6 ジェロニ・ファハルド ガスガス 66 11
ジュニア選手権
1 ダニエル・オリベラス ガスガス 61 12
2 ダニエル・ジベール モンテッサ 66 13
3 マイケル・ブラウン ベータ 69 11
ユース選手権
1 アルフレッド・ゴメス ガスガス 48 12
2 ロス・ダンビー ガスガス 50 14
3 ロウレント・モレル シェルコ 53 11

関連記事

自然山通信6月号発売!

自然山通信6月号発売のお知らせです。今月の特集は「今どきのテレワーク・トライアル」と世界選手権参戦25年を迎えたフジガスこと藤波貴久選手のの…

プロターとの思い出、プロヴィーニさんとの思い出

ちょっと探し物をしていた時に(なぜか娘の家で)発掘されたなにやらの賞状らしきもの。なんだろうね、これ?? とすっかり記憶が失せていたのだけど…

MFJトライアル

全日本関東大会の日程変更とGC大会の中止他

COVID-19による全面自粛騒動から一歩進んで、これから、ちょっとずつ日常に戻ってくる。それに合わせて、イベントスケジュール情報もいろいろ…

ガエルネ・バランスクラシック新色発売!

マシンとの一体感を極限まで高めた、究極のマン=マシンバランスを実現。進化を遂げたガエルネ最高峰トライアルブーツ「BALANCE CLAS…

日本GPは結局中止、TDNも中止に

COVID-19による大会中止、その新たなお知らせ。犬が人を噛んでもニュースにならないように、ニュースにするなら大会が開催される! というお…

野崎史高のファイナル・セロー

ヤマハのロングセラーのセローの開発終了となり、セローファイナルエディションが発表されて現在発売中なのはご存知の通りだけど、このたび、野崎史高…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦も中止に

メッツカップ第2戦(7月5日・会場オフロードパークSHIRAI)は、残念ですが中止いたします。 (さらに…)…

7月12日の全日本北海道大会は中止

全日本選手権シリーズは、COVID-19の影響で開幕が遅れているが、ここまで事実上の開幕戦となることになっていた北海道大会の中止が発表された…

TrialGP、イタリアとイギリスも延期

世界的にCOVID-19の騒ぎがなかなかおさまらない。2020年トライアルGPは、すでに6月の大会まで延期が決まっているが、5月2日にはさら…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売開始!世界中のトライアルイベント延期・中止が続いてます。自然山通信5月号ではIASライダー全員に出場していただき「202…

ページ上部へ戻る