2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. リザルト中国
  4. MFJトライアル
  5. リザルト東北
  6. リザルト関東
  7. リザルト関東
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. TRJ / MFJ
  11. TRJ / MFJ
  12. TRJ / MFJ
  13. MFJトライアル
  14. リザルト関東
  15. TRJ / MFJ
  16. リザルト中国
  17. リザルト関東
  18. トライアル・デ・ナシオン
  19. リザルト関東
  20. イベント(その他)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(その他)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト関東
  26. TRJ / MFJ
  27. TRJ / MFJ
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中部
  30. リザルト中国
  31. イベント(スクール)
  32. リザルト中国
  33. リザルト中部
  34. リザルト関東
  35. リザルト関東
  36. リザルト中国
  37. MFJトライアル
  38. MFJ
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. リザルト中国
  42. リザルト関東
  43. イベント告知
  44. 2017お勉強会

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

藤波また勝った!/ポーランドGP

 ヨーロッパ3連戦の最後の1戦、ポーランドGPは7月9日に開催された。
 藤波貴久は絶好調。前回イタリアに続いて2連勝を飾って、ランキングも今シーズンはじめて2位まで復活した。
 ランキングトップのアダム・ラガは3戦ぶりに表彰台に乗ってまずまず。
 残り3戦。藤波が3戦とも勝利し、ラガが3戦ともに3位なら藤波チャンピオン、3戦とも2位ならラガがチャンピオンという戦況。あいかわらず藤波には苦しい展開だが、少なからず望みも出てきた。


 旧共産圏、東ヨーロッパで世界選手権が開催されるのは、久々のことだ。といってもポーランドは、ここ数年、ヨーロッパ選手権は毎年開催されている。そしていまや世界のポイントランカー、タデウス・ブラズシアクもいる。ちょっと遠いけど、日本やアメリカに遠征するよりも、センターヨーロッパに近い。
 この大会、セクションはどろどろのコンディションが特徴的だった。これまでの例でいけば、ドギー・ランプキンが得意とするコンディションだった。はたしてこの大会もランプキンの独壇場となるのか。
 試合が始まって、すぐに好調が伝えられたのはカベスタニーだった。フレイシャがばたばたの3点で抜けた以外、他のみんながすべて5点となった第3セクションを、ひとりクリーンした。これでカベスタニーの好調ぶりは、みんなに強い印象を与えたのだった。
 その後、第6セクションでは事件が起こった。一見、それほどむずかしくもなく、あぶなそうでもなかったのだが、下り坂から川に降りるポイントで、藤波が一気に川に向かって転落。体中を強打してしばらく動けないというアクシデントが発生した。リヤが横滑りして落ちてしまったと目撃者は語るが、いずれ、どろどろコンディションがもたらした事件だった。
 ところが藤波は、そこから復活した。1ラップ目にはカベスタニーと同点で27点、わずかに遅れて31点のラガ。ランプキンは4位につけたが、点差はちょっと離れて36点。38点でブラズシアク、フレイシャ、ボウの3人が同点で並んでいる。ブラズシアクは地元での初めての世界選手権だから、がんばりようも格別だ。

 2ラップ目、トップライダーのほとんどが調子を上げてきた。どのライダーも同じような好調ぶりだから、勝負はし烈だ。ただひとり、この争いから脱落していった者がいる。ランプキンだ。ランプキンは得意なはずのマディなコンディションで、らしくないミスを連発して、どんどん勝利のチャンスから遠ざかっていった。
 2ラップ目、特に調子を上げてきたのが、ラガだった。そしてついに、競技が終わる頃には、トップ3人はほとんど同点に並んだのだった。
 点数の集計がされると、はたしてトップは藤波。ラガとカベスタニーは同点で、ふたりは藤波に1点差だった。同点のふたりはクリーン数で、ラガが上位につけることになった。
 しかしこれだけでは終わらなかった。藤波のスコアに対して、ラガ陣営が執拗な抗議。藤波の減点数が1点多いのではないかという者だった。藤波の減点が1点増えれば、トップ3人が同点となり、クリーン数の差で優勝はラガ、藤波は一気に3位となってしまう。



小川毅士は13位。
なかなかトップ10に
くいけめない

 抗議は理不尽なものだったので、藤波の勝利は変わらずだったが、ラガにここまで執拗な抗議をさせたのは、それだけ藤波が驚異の存在になってきたということだ。
 残り3戦。二人のポイント差は15点まで縮まった。日本GPが終わったときには31点もあった両者のポイント差は、たった3戦ののちに16点も縮まっている。残り試合は3戦。藤波とラガがこの勢いで試合を進めれば、藤波の逆転チャンピオンも充分可能性のあることだ。
 ここまで、ラガの勝利はアメリカ大会での2勝。藤波は、ポーランド大会での勝利で今シーズン3勝の最多勝利者となった。残り3戦は、両者の争いが、いつになく興味深いものとなってきている。
 なお藤波は、骨折や体調不良などがあったが、どうやらここへきて、それらの障碍はほぼ克服してきている模様だ。

●世界選手権●

Pos. Rider Lap1 Lap2 Point Clean Ranking
1 藤波貴久 27+1 16 44 14 134
2 アダム・ラガ 31 14 45 16 149
3 アルベルト・カベスタニー 27 18 45 15 125
4 ドギー・ランプキン 36 23 59 13 133
5 マルク・フレイシャ 38+2 28 68 11 77
6 ジェロニ・ファハルド 43+1 25 69 10 100
13 小川毅士 64 60 124 1 18

●ジュニアクラス●

Pos. Rider Point Clean Ranking
1 ダニエル・オリベラス 21 21 157
2 ダニエル・ジベール 22 19 157
3 マイケル・ブラウン 34 17 154

●ユースクラス●

Pos. Rider Point Clean Ranking
1 アレックス・ウィグ 1 29 121
2 ロリス・グビアン 2 29 147
3 マティオ・グラッタローラ 8 23 127

関連記事

1986年の平凡パンチ

1986年に、ぼくは初めてアフリカ大陸に行った。今はダカールラリーと呼ばれている、パリ・ダカール・ラリーを取材に行くためだ。なーんてね、取材…

イベント(大会)

2022年わびさび大会開催

2022年のわびさび大会の日程が決定しました。 トライアルチーム嵐山不老天狗よりのお知らせです。 (さらに…)…

自然山通信2022年1月号電子版

2022年になりました。今年もよろしくお願いします。ということで、2022年1月号電子版をご用意いたしましたので、ご購入、ダウンロードしてお…

自然山通信2022年1月号発売中!

新年1月号発売中!Repsol Honda Team監督に就任した藤波貴久のロングインタビュー、第三回目。そして、ポルトガル GPの会場で藤…

2022トライアルマシン合同試乗会のご案内(三重県)

2022トライアルマシン合同試乗会開催のお知らせ 2月11日、三重県四日市市グリーンパーク岡山トライアル場で、トライアルマシン試乗会を…

年始の放射能冷却

あいからわず、当地は寒いです。世間は雪が降ってたいへん、ということなのだけど、こちら、ほとんど雪は降ってません。一応白いんだけど、積雪量1c…

イベント(大会)

202112/22

2022年新春植木トライアル大会

初転び今年もやります草大会 日時:2022年1月16日(日)  受付:8時30分〜  スタート:9時30分〜  ゴール:13時3…

リザルト中国

中国選手権第2戦山口大会

2021年中国選手権 第2戦山口大会 ●2021年12月19日 ●広島県グリーンピア瀬戸内 ●天候:晴れ   (さらに&he…

MFJトライアル

2021MFJグランドチャンピオン大会

第34回MFJグランドチャンピオン大会 ●2021年12月12日 ●愛知県キョウセイドライバーランド (さらに…)…

トライアルGC大会/GCクラストップ10の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスの上位10名の結果一覧です。 GC大会10位までに入ると、国際B級へ昇格することができます。…

ページ上部へ戻る