2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. KLX230skidplate
  4. 2019.11.21

    地球温暖化?
  5. MFJトライアル
  6. イベント(その他)
  7. リザルト中国
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. MFJトライアル
  15. リザルト近畿
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. 2019.10.13

    台風一過
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト関東
  24. イベント(大会)
  25. イベント(その他)
  26. MFJトライアル
  27. 2017TDN
  28. トライアル・デ・ナシオン
  29. リザルト関東
  30. リザルト東北
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. リザルト九州
  34. リザルト中国
  35. リザルト沖縄
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト中国
  44. リザルト東北
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中部
  48. リザルト四国
  49. 2019.08.02

    最近の星空
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. リザルト九州
  53. リザルト沖縄
  54. 140ccボアアップセット
  55. リザルト関東
  56. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  57. MFJトライアル
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東
  60. リザルト九州

トライアル・デ・ナシオン

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ぎりぎりの表彰台。日本3位のTDN

2006年TDN日本チーム

 2006年トライアル・デ・ナシオンが終了した。
 スペインがぶっちぎりの優勝。イギリスはよくがんばったが大差の2位。
 そして厳しかったのが3位争い。16点差の間に日本からフランスが並び、日本とイタリアはたった8点差だった。
 3位が指定席と言われていた日本の順位だが、3人体制となった今年は、指定席が漫然と手に入るものではないことをあらためて思い知らせてくれた。

 日本チーム危うしのシーンに遭遇してしまったので、がんばったライダーのみなさんにはたいへん申しわけないけど、追いつめられるとこういうことになってしまうという象徴として、3枚並べておきます。

2006年TDN野崎史高
2006年TDN小川毅士

 野崎は微妙に高さが足りず、落ちてしまった。小川毅士は、ラインが手前にずれていて、ゲートマーカーを踏みつぶしてしまった。セクションによってはゲートマーカーが落ちても5点をとらないところもあったが、さすがにこれは本人も納得の5点。
 ここは1ラップ目は毅士も3点ででていたところで、野崎と藤波はクリーンしていた。だから二人が揃って5点になった衝撃は大きかった。
 そのショックは、藤波に個人にも影響した。藤波は、マインダーよろしくふたりに指示を出し、アドバイスを出しながら戦っていた。まったくプレイングマネージャーとしての振る舞いと活躍。日本チームに対して献身的な藤波の姿だったが、セクションを走り回って指示を出し、クリーンを出すのに忙しい藤波。そうこうしているうち、ふたりの(といっても、野崎は今回はたいへん素晴らしいライディングをした)失敗が自分の失敗のように感じてしまうようになっていた。
 二人の失敗を見た藤波は、自分が続けて5点をとってしまったあとのトライのように集中力を失って、なんと毅士以上に大きくラインを乱して、ゲートマーカーのはるか手前に着岩、しかも乗りきれずに落ちていった。藤波にはありえない失敗。ライダーとしての仕事に集中できなければ、藤波だってこんな失敗があるのだ。

2006年TDN藤波貴久

 今回は、3人のぎりぎり体制で、なんとか3位を獲得した。いつもの3位とはちがって、この3位はたいへんに価値ある貴重な3位だ。しかし次も、3人で3位が取れるとは限らない。これまでの3位は、ベストメンバーで闘い、全力を出しきって獲得してきたものだ。勝てなかった結果の3位ではなく、勝ち取った3位なのだと、あらためて思い知らされたのが、2006年デ・ナシオン日本チームの、大きな教訓であり、収穫だった。

関連記事

2019年12月号電子版できましたー

Honda Thanks Day、全日本最終戦、グラチャンにX-TRIALといえばシーズンの終わりと新しいスタートの季節です。今回は2019…

自然山通信12月号発売中!

Honda Thanks Day、全日本最終戦、グラチャンにX-TRIALといえばシーズンの終わりと新しいスタートの季節です。今回は2019…

MFJトライアル

2020MFJスケジュール

2020年全日本カレンダーが決定した。2019年同様、全日本選手権は7戦が組まれていて、世界選手権はツインリンクもてぎで第2戦として日本GP…

自然山通信オリジナル「壁掛け・2020トライアルカレンダー」プレゼント中!

2020年自然山通信謹製壁掛けオリジナルトライアルカレンダー完成しました。恒例のプレゼント開始しました! (さらに…)…

KLX230skidplate

KLX230用スキッドプレートとトレッキングシートで「トレッキング戦闘力」アップ!

ぱわあくらふとより、KAWASAKI KLX230の戦闘力を上げる「Rikizoh スキッドプレート」と、足つき性を良くする「Rikizoh…

宇宙船の落ちた町

先日、福島第一と福島第二原発の視察というか見学にでかけた。そのとき、いっしょに原発に入った仲間に、根本聡一郎さんがいた。この本の著者だ。 …

Xトライアル2020開幕!

2019年11月にして、早くも2020年のX-TRIALシーズンが始まった。11月16日、インド洋のレユニオン(フランス)での開幕戦は、やっ…

201911/21

地球温暖化?

やっぱり地球は温暖化しているのか、それともただおかしくなっているのか、ここ最近、うちの近所で見られた自然現象はこんなでした。 (さら…

2020年のXトライアル

今年も、アウトドアのシーズンが終わって、Xトライアル(インドア)のシーズンが始まる。いつもなら年が明けてからだけど、今年は11月に2戦が組ま…

自然山通信2019年11月号電子版出来

自然山通信11月号の電子版をご用意しました。オールカラー60ページを、お手持ちのパソコンやタブレット端末やスマートフォンなどの電子端末でお楽…

ページ上部へ戻る