2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. MINI VANDAL
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト中国
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2017お勉強会
  17. リザルト四国
  18. リザルト中国
  19. リザルト中部
  20. 2019モンテッサ
  21. TLR200用キックアーム
  22. Vertigo 2019モデル
  23. 生駒テックオープン
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. リザルト四国
  27. リザルト関東
  28. 2017TDN
  29. リザルト東北
  30. MFJトライアル
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. リザルト北海道
  38. 1日目優勝のファハルド
  39. イベント(大会)
  40. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  41. リザルト東北
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト四国
  45. リザルト中国
  46. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  47. 全日本R3九州までのランキング
  48. 全日本R3九州リザルト
  49. 2018EMと成田匠.fr
  50. MFJトライアル

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

モンテッサのボウ、始動

 早々にモンテッサへの移籍が発表されていたトニー・ボウが、いよいよモンテッサに乗って人前に出はじめた。まずはモンテッサからはボウの移籍証明の写真が届いた。
 すでにレプソルカラーにすっかりなじんでいるような雰囲気。今、一番時代が進んでいると言われているボウの乗り方と、ランプキン、藤波貴久というどちらかというとそれとは対極にいるライダーによって育てられたモンテッサ4ストロークマシンとのコンビネーション。今シーズンの一番の注目点だ。

 トニー・ボウ(トニーは愛称で、ほんとはアントニー。正式にはもっと長いのかもしれないしミドルネームもあるかもしれないけど、最近はもっぱらトニーで通っている)は、2003年に世界選手権デビューをした。それ以前からスペインでは評判の注目株で、世界選手権での活躍が期待されていたものだった。
 2003年は、それまで世界選手権とまったく同じラインを走っていたジュニアクラス(というより、世界選手権を走るライダーが、知らない間にジュニアクラスにもエントリーしていた、という感じ)が、はじめて緑色のゲートを走るという、独立したクラスになった年だった。16歳になったばかりのボウは、規則的には当然ジュニアクラスに参戦するべきだったのだが、ボウは世界選手権のセクションでも充分通用するし、そういう事例についてはヨーロッパのひとは理解がいい。ほかの16歳が「ボウだけずるい」なんて言うことなく、ボウは世界選手権に挑戦した。
 当時の世界選手権は2日制だったが、その初日にして、15位に入った。周囲は当然驚きつつも、やっぱりな、という受け取り方もあった。
 残念だったのは、この前に開催されたスペイン選手権でカベスタニーが音頭を取ってスペイン人ライダーがこぞってスペイン協会に抗議の意を表明したこと。これでスペイン人ライダーのほとんどがライセンス停止処分を受けてしまい、世界選手権挑戦1年目のボウのライディングは、03年の茂木では見ることができなかった。

 当時のボウは、ベータのライダーだった。ベータというメーカーは新人を発掘するのが(少なくとも当時は)じょうずだった。ベータ本社もそういう方向性があったし、ベータのスペインインポーターも(ただの販売代理店ではなく、ベータの製造の一部もおこなっている)新人発掘には積極的だった。過去、ベータで育ったライダーといえば、大きなところでもドギー・ランプキン、黒山健一、ライア・サンツ、トニー・ボウとそうそうたるメンバーが並ぶ。
 そして今回、今あげた4人の中で黒山をのぞく3人が、すべてモンテッサのメンバーとして顔をそろえることになったわけだ。ランプキンとライアはともにモンテッサで世界チャンピオンとなった。さて、トニー・ボウははたして?

関連記事

HONDA TLM50最強アンダーガード登場

三谷モータスポーツより、TLM50用・最強アンダーガードが発売されました。17Sジュラルミン製です。 (さらに…)…

イベント(大会)

10/14・11/18わびさびトライアル大会

「嵐山不老天狗わびさびトライアル大会」 山梨県のトライアルチーム嵐山不老天狗より、10月、11月開催の大会のお知らせです。 (…

2016高田島ツートラ

11/4高田島「廃道」ツーリングTR

11月4日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

『力造』HONDA TLM50用スキッドプレート発売!

「ぱわあくらふと」の力造ブランドから、HONDA TLM50 用スキッドプレートが発売されました。ステアケース、ガレ場など今以上に戦闘力アッ…

MINI VANDAL

MINI VANDALが加わる2019 Vertigo

Vertigoシリーズに子供用トライアルマシン、MINI VANDALが登場することになった。50ccと60ccがあってタイヤサイズが違うた…

HEBOの新型トライアルブーツ登場

スペインのHEBOより新型トライアルブーツが登場しました。さらに使いやすく軽量に。トライアルを熟知したメーカーが、理想的なブーツを完成させま…

アベ精工のTRRS用アルミサイドスタンド

アベ精工よりストロングタイプの「TRRS用アルミサイドスタンド」が発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2018年9月号電子版

自然山通信電子版のご用意ができました。 紙に印刷した自然山通信と同じものを、PDFとして作成してあります。 ご購入、ダウンロードの上、お…

20189/5

自然山通信9月号発売中!

自然山通信9月号発売中です。お知らせが遅くなってしまいましたが、9月2日に開催された全日本選手権R5中国大会の公式プログラム掲載号となります…

2018全日本ランキング(〜第5戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

ページ上部へ戻る