2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2017お勉強会
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. MFJトライアル
  18. リザルト東北
  19. リザルト関東
  20. リザルト関東
  21. リザルト中国
  22. イベント(大会)
  23. TRJ / MFJ
  24. TRJ / MFJ
  25. TRJ / MFJ
  26. MFJトライアル
  27. リザルト関東
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. リザルト関東
  31. トライアル・デ・ナシオン
  32. 2017TDN
  33. リザルト関東
  34. イベント(その他)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(その他)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト関東
  40. TRJ / MFJ
  41. TRJ / MFJ
  42. TRJ / MFJ
  43. リザルト中部
  44. リザルト中国
  45. イベント(スクール)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

世界の移籍、まだまだ



タデウス・ブラズシアク。06ベルギーにて

 ボウ、ファハルドと大物移籍が続いた世界のトライアルだが、まだこれで終わりではなかった。
 ポーランド人のタデウス・ブラズシアクがスコルパからベータに電撃移籍、さらにマルク・フレイシャがベータからスコルパに、ちょうど両者がスイッチするようなスタイルでの移籍が決定していた。


 このふたり、フレイシャは2005年までモンテッサチームに所属し、何回もの優勝を飾り、ランキング3位まで上り詰めたトップライダーだ。ブラズシアクの方は、最近成長著しいが、ただひとりのポーランド人ということで目に見えないハンディも大きかろう。ガスガスから一躍スコルパのナンバーワンライダーとなった2006年は、それでもランキング8位と、過去最高の成績を残している。
 フレイシャといえば、2006年シーズン当初、スコルパ2ストロークとともに世界選手権に登場したが、2戦を走ったところで突然のベータへの移籍を敢行した。マシンの仕上がり時期や体制面での不安が理由と伝えられたが、もともと2006年のフレイシャはスコルパともベータともメーカーとのダイレクトの契約ではなく、間にスペインのフェデレーションチームが入るという変則的なもの。ちょっと小振りなパワフルなスペイン人は、なぜか2006年になって急に、マシンに恵まれなくなってしまった。2005年に4ストロークモデルに乗り換えたモンテッサ三人衆のうち、ランキングを大きく落としてしまったのがフレイシャだった。藤波とランプキンはひとつずつランキングが下降したが、3番から6番にランキングを落としたフレイシャは、ちょっと下降しすぎだったという評価だったのかもしれない。



マルク・フレイシャ/Photo:Pep Segales

 一方、ランキング11位となったブラズシアクの方は、まだまだトップグループを狙えるところまでは至っていないが、成長が見込める若手ライダーだ。はるばるポーランドから出てきただけあって、人懐っこさも備えている。スコルパは、2005年シーズンにようやく大型トラックを導入して、本格的なファクトリー活動の準備を整えていた。これまでガスガスにいながら、ワークス活動の中枢からははずれていたブラズシアクが、本格的に主役になったのが、2006年シーズンだったのかもしれない。
 06シーズンは、参加者の減少という背景もあったかもしれないが、タデウスは大きな飛躍をした。3戦目からはフレイシャがベータに移籍してしまって、スコルパのパドックはブラズシアク専用となった。しかも夏からは、元世界チャンピオンマルク・コロメがスコルパ入りをしてきた。コロメは4ストロークマシンを仕上げるためにスコルパへやってきたが、同時にブラズシアクをよりトップクラスのライダーに押し上げるのも仕事。ハード面もソフト面も、ブラズシアクの周囲は整ってきた。
 そして2007年、ブラズシアクはインドア世界選手権の常連ワイルドカードライダーに選ばれた。トップ5人は完全なノミネートライダーで、常連のワイルドカード(ワイルドカードじゃないじゃないかというつっこみもあろうが)はファハルドとブラズシアクの二人。FIMの思惑では、トップ5人とはちがうマシンメーカーからひとりずつを選出したかったらしい。ふたりは、ベータとスコルパのトップライダーだったのだ。
 ところが年が明けて話が一転、ブラズシアクはスコルパからベータへの移籍となった。チームはトップ・トライアルチーム。去年、ジェイムス・ダビルが活躍したチームで、07年はマイケル・ブラウンが飛躍を狙っている。もともとこのチームはチェコのマルティン・クロウステックら、イタリア以外のライダーを多く受け入れているから、タデウスにも住み心地はいいのかもしれない。
 ともあれ、タデウスがベータに移り、そのトレードのようなかたちで、フレイシャがスコルパに再移籍した。同じようにスコルパ入りをしながら、06年シーズンは別々の道を歩んだ二人。07年シーズンは、それぞれにどんな運命が待ち受けているのだろうか。

関連記事

2017お勉強会

5/28高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

セロー・トリッカー用7075マウントボルトフルセット

アベ精工より、セロー250・トリッカー用の高強度7075アルミ材のマウントボルトフルセットが発売されました。 (さらに…)…

MOTSニューモデル「STEP 6」発売

スペイン製トライアルウエアメーカー「MOTS」から、NEW MODEL 『STEP 6』の国内販売が始まりました。 (さらに&helli…

イベント(大会)

8/7奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2022年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 恒例の真夏のトライアル祭典『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 (…

初夏の風とともに自然山通信2022年5月号電子版をどうぞ

自然山通信5月号PDF版をお届けします。ご購入、ダウンロードして、お手元の電子機器(パソコン、タブレット、スマホ、あるいはテレビなど)でお楽…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売中!全日本トライアル第2戦九州大会レポートを掲載。東京モーターサイクルショーのトライアル体験ブースをお手伝いした自然山通…

イベント(大会)

9/25 2022年メイクカップ

2022年のメイクカップ日程が決まりましたので宜しくお願い致します。 2022メイクカップ 9月25日(日)立石トライアルパーク …

イベント(スクール)

7/18ガッチスクールin北海道(と前夜祭)

2022 GATTI SCHOOL IN 北海道 毎年、全日本トライアル北海道大会翌日の恒例行事。 今回のGATTI SCHOOL …

イベント(スクール)

6/11-12ガッチスクールin松山

2022ガッチスクールIN松山トライアルファーム 日時:6月11日(土)・12日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

2022遊ingトライアル

2022遊ingトライアル&スクールの日程が決まりましたのでお知らせします。 コロナ禍による2年続けての全戦中止でした。 今年は開催した…

ページ上部へ戻る