●カテゴリー一覧●

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

カテゴリー:伝統とクラシック

エディ・ルジャーンのトライアル 華麗なるテクニック

https://ssl.shizenyama.com/webshop/shop/show_unit.cgi?mode=single&single_name=%83G%83f%83B%81E%83%8B%83W%83%83%81[%83%93%82%CC%83g%83%89%83C%83A%83%8B%20%89%D8%97%ED%82%C8%82%E9%83e%83N%83j%83b%83N

ミック・アンドリュース トライアルス・チャンピオン

https://ssl.shizenyama.com/webshop/shop/show_unit.cgi?mode=single&single_name=%83%7E%83b%83N%81E%83A%83%93%83h%83%8A%83%85%81%5B%83X%81E%83g%83%89%83C%83A%83%8B%83X%81E%83%60%83%83%83%93%83s%83I%83%93 貴重な映像が発掘されました。1973年。ヤマハが満を持して夢のトライアルマシンTY250を登場させました。デビューの舞台は、スコティッシュ6日間トライアル。ニューマシンを走らせるは、魔術師ミック・アンドリュースです。これは、ヤマハの制作による、ニューマシンデビュー戦のドキュメントでもあります。 映像には、ミックがトライアルテクニックや携行工具を解説するシーンもあります。30年以上前のトライアルは、はたしてどんな香りを醸していたのか、この映像は、そんな昔日に思いをはせるにも、よい素材です。 当時、マシンの覇権はイギリスからスペインに渡っていましたが、ライダーはまだまだイギリス人健在。映像にも、ミックのライバルとして、若き日のマーチン・ランプキンやマルコム・ラスメルが登場します。ご存知、マーチンは7回の世界チャンピオンドギー・ランプキンの実父であり、ラスメルはグラハム・ジャービスの義父として、今も世界選手権トライアルの舞台で活躍中です。 SSDTに興味のある人は、30年前のSSDTがどんな雰囲気でおこなわれていたのかを知るための史料としても、ぜひご覧ください。変化したところ、まったく変わっていないところ、映像からは、いろいろなものが伝わってきます。映像中には、バイアルスTL125をデビューさせた3人の日本人の姿も登場します。 SSDTのあと、ミックとヤマハチームはイタリアの世界選手権に出場。SSDTとは趣を異にする世界選手権での戦いも、今となっては貴重な思い出です。 ◎この映像は、ヤマハ発動機株式会社がTY250Jの発売を機に制作したプロモーション映像です。今回、ご好意でこの映像を皆様にお届けすることができました。なお売り上げの利益の一部をトライアル・デ・ナシオン派遣のための資金に提供させていただきます。

ばら色の人生

エディー・ルジャーンの伝説のマシンを持っている人がいる。旅はひょんなことから始まった。ヨーロッパの人々の中に息づいている、珠玉の名車を愛でる心。彼らが残し生かし続けている、歴史の鼓動を辿る旅です。 ○ナレーション/児島由美 ○VHS60分 ○’02年取材

ベルドン5日間トライアル

南仏・プロバンス地方で開催される5日間トライアル。共に絶景を眺め、セクションを楽しみ、美味しいランチで腹を満たし、ワインで舌を潤す。SSDTにも、日本のツートラにもない、魅惑のベルドンの全て! ○VHS45分 ○’01年取材

スコティッシュ ドリーム

○ナレーション/岸下淳(IAライダー) ○VHS 75分 ○’99年取材 https://ssl.shizenyama.com/webshop/shop/show_unit.cgi?mode=single&single_name=%83X%83R%83e%83B%83b%83V%83%85%83h%83%8A%81%5B%83%80

ブリティッシュビンテージバイク・サイドカートライアル

○ナレーション/岸下淳(IAライダー) ○VHS 60分 ○’99年取材 https://ssl.shizenyama.com/webshop/shop/show_unit.cgi?mode=single&single_name=%83u%83%8A%83e%83B%83b%83V%83%85%83r%83%93%83e%81%5B%83W%83o%83C%83N%81E%83T%83C%83h%83J%81%5B%83g%83%89%83C%83A%83%8B

スコティッシュ6日間トライアル&プレ65

○ナレーション/岸下淳(IAライダー) ○VHS60分 ○’98年取材

ページ上部へ戻る