2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. 2017お勉強会
  2. イベント(大会)
  3. MFJトライアル
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. リザルト中部
  10. 自然山通信2019年3月号
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(その他)
  17. イベント(その他)
  18. イベント(大会)
  19. 2016高田島ツートラ
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(その他)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト近畿
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(その他)
  33. イベント(大会)
  34. リザルト中国
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

201811/28

2019 TRRS X-TRACKに乗ってみた

「TRRS」2019年モデルの試乗会が輸入元エトスデザインにより各地で行われているので、日本上陸したばかりの2019 TRRSに乗ってみた。これまでスタンダードモデルの「ONE」と、高性能サスペンション等を盛り込んだ「RAGA RACING」の2つのシリーズが、今年から「X-TRACK」と「RAGA RACING」の2つになりTRRS日本仕様シリーズの流れが変わることになった。まずは輸入元エトスデザインの近藤博志さんの解説を動画でご覧ください。

「X-TRACK」ってなんだろう?

TRRSのスタンダードモデルは、2019から「X-TRACK 250」になっている。シート高が高くてビックタンクが付いてる姿を見てアレっ? と思う方が多いはずだ。実は、昨年までのスタンダードモデル「ONE」がなくなり、ビッグタンクとハイシートを装着してデザインを一新し、車名を「X-TRACK 250」に改めてスタートすることになった。

ビッグタンク、ハイシート仕様の「X-TRACK 250」には、コンペティション用の2.5リットル容量のフューエルタンクが標準装備されている。つまり、コンペティション用とトレッキング用と2つの仕様に変わる1台2仕様のマルチトライアルバイクとなる。それでいて、トライアルマシンとしてのスペックに手抜きはない。従来のONEモデルのクオリティーのをそのまま継承しているのだ。

2019 TRRS X-TRACK
2019 TRRS X-TRACK
2019 TRRS X-TRACK

X-TRACK 250はデロルト製キャブレター仕様で、なめらかで実に乗りやすい味付けだ(ラガレーシングはKEIHIN PWKキャブレターによりよりハイパワーとレスポンスを高めている)。X-TRACK の乗りやすさは上級者にとっても納得できるものだ。極低速から全域にわたっての特性はとても扱いやすい。一般トライアルイベント、MFJ地方選手権で戦うにも納得のポテンシャルで、今回の試乗したハイパワーな上級向けマシン、RAGA RACING 300の2車で比較する場合、仮にMFJ地方選手権を走るとしたら自然山通信杉谷の個人的好みとしてはX-TRACK 250を選ぶ。素直な操作感、強すぎないピックアップ、振り回されないバランスの良さが光っている。ハイシートの高さは80cmでコース移動、一般行動走行中は楽なポジションになるが、そのままトライアルライディングをしてもさほど気になる高さではなかった。しかし競技となればハイシートではないほうが有利だろう。そんな時はコンペ仕様のタンクに簡単に付け替えられるので問題はない。

ハイパワー、ハイスペック。NEW RAGA RACING 300

従来どおり、ラガレーシングはハイスペック仕様となる。2019モデルでは、シリンダー、クランクケース、CDIなど、多数の仕様変更により、さらに上級仕様に変化している印象だ。今回試乗したのは300ccのみだが、極低回転からの鋭いピックアップはなかなかパワフルだった。中速から先の回転の上がり方も鋭く、超上級者の欲求に応えるポテンシャルだ。世界選手権で活躍中のアダム・ラガ選手の仕様そのままを反映しているというだけに、今年の変更はより上級者向けになった印象がある。

2019 TRRS RR

2018モデルは、ラガのファクトリーモデルと同じく鉄製のフロントフォークだった。車体バランスを前寄りにし、ステアケースを登りきった時の有利さのために、あえて重量のある鉄フロントフォークを装着したことが、その理由だ。しかし日本人の体格では軽量のアルミでも支障はないのではないかということで日本仕様だけアルミ製に戻ったということだ。その他、ブレーキキャリパー、マスターシリンダ等新型パーツに変わった箇所は多数ある。ラガモデルもう一つの大きな特徴は、とても良い動きをするリヤサスペンションREIGERにある。高機能で高価なもので、セッティング幅があることも嬉しい。

近々のエトスデザインによる試乗会は以下の予定だ。
◎12月1日 フジガスミーティング(愛知県キョウセイドライバーランド)
◎12月2日 山口トライアルパーク(岐阜)

◎有限会社エトスデザイン
〒654-0111 兵庫県神戸市須磨区車道谷山1-1
TEL 278-747-5255  FAX 078-747-5355

関連記事

2019全日本選手権第1戦近畿大会

2019年4月14日 和歌山県湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:曇り(一時ちょっとだけ雨。終わったらちょっと本降り) 観客数:1,…

Vertigo VERTICALシリーズに「R」登場/もてぎ車販売予定

スペイン製トライアルマシン「Vertigo」に、新たに「Vertical R」が加わった。2019年モデルより新登場するシリーズです。 …

原発事故の思い出[村を出る]

村長が防災無線で避難を呼びかけたのは15日の夜のことだった。富岡の人も含めてみんなで村を出ることにしたのが16日の午前中だった。 ぼく…

自然山通信2019年4月号電子版

自然山通信4月号電子版をお届けします。 ご購入後、ダウンロードしてお手もとの電子端末でお楽しみください。 パソコン、タブレット、スマート…

自然山通信4月号発売!

平成最後の自然山通信・4月号の発売です。ちょっと遅れましたが(先月より一週間早く‥‥)発売開始です。トニー・ボウ選手が同席した初回対談以来大…

2017お勉強会

5/18川内村お勉強会

2010年から8年間にわたって続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島…

イベント(大会)

4/28とんトラ第1戦春トラ

とんトラ、今年の大会日程をお知らせいたします。 そろそろスキー競技&指導員等活動から解放されそうですので、4月7日から準備に上がりますので…

原発事故の思い出[人が多きことは]

川内村が富岡町の避難を受け入れたのは、結局ほんの3日か4日でしかなかった。その後、川内村と富岡町は一心同体みたいにして郡山に避難することにな…

AJP 2potキャリパーピストンインナーKIT

旧車のリペアに。三谷モータースポーツでは1992〜1999年くらいまでのAJPキャリパー30mmピストン用インナー KITを取扱中。 (…

原発事故の思い出[ベンチにて]

集会所の入口には、一枚板で作った机があって、ちょっとお休みができるようになっている。村人的には、あんまりここで休んだりする人はいないのだけど…

ページ上部へ戻る