© トライアル自然山通信 All rights reserved.

自然山通信へようこそ

トライアルってなに?

ぼくたちが愛してやまない「トライアル」は、オートバイによるスポーツのひとつです。「トライアル」とは試験という意味で、なぜそんな名前になっているかについては深い理由があるのですが、そういうものだと思ってください。ヤマハのオフロードマシンはTRAIL(小道)と命名されていますが、こちらはTRIALです。トライアルはモータースポーツですから、ルールがあります。そのルールがまた複雑で、そこがこのスポーツの敷居を高くしている要因でもありますが、ゆっくり覚えていっていただくしかないです。とりあえず、オートバイで岩を登ったり坂を上がったり泥沼を走り抜けたりするゲーム、というのがどんぶりの認識です。

自然山通信とは?

1997年に創刊したトライアルの専門誌です。その前年、15年にわたって刊行されていたトライアル専門誌「トライアルジャーナル」が廃刊となったのを機に、トライアルの情報を届け続けるべく指命を持って始めました。創刊からこれまで、杉谷真と西巻裕の二人が制作しています。会社というか事務所はありません。それぞれの自宅が仕事場です。会社登記上は、杉谷の自宅である神奈川県横浜市緑区長津田が本社住所となっています。

どこで買えるの?

自然山通信は、本屋さんでは売っていません。本の一部の本屋さんでは置いてくれているのですが、いわゆる書店流通を通っていないので、ふつうの本屋さんに注文すると、本屋さんが困惑気味に自然山通信に電話をしてくることになります。書店流通はたいへんお金がかかるので、自然山通信にはできない相談でした。なので全国のトライアルショップに置いてもらいつつ、直接販売というかたちでお届けしています。ご購入は、自然山WEBSHOPへどうぞ。

自然山通信の歴史

創刊当時は、30ページほどのぺなぺなで、全ページ白黒でした。色がついてなければ広告を入れる価値がないとおしかりを受けたので、表紙や裏表紙だけカラーにして、長く続けてきました。最近では、インターネットから情報を得る人が多いので、自然山通信を発行し続けるのも厳しい時代となりました。しかしいまなお、朝のトイレの時間に自然山通信を読むという楽しみを続けておられる方も多く、そういう方がいらっしゃる限り、紙の自然山通信は続けていきたいと思います。こんな厳しい状況ですが、2014年年末に、全ページオールカラーという暴挙に踏み切りました。開き直ってます。

自然山通信へのお問い合わせ・連絡先

(有)自然山通信
〒226-0027神奈川県横浜市緑区長津田5-9-43-2F
045-989-1360(杉谷・西巻、どちらかの携帯電話にも転送します)
info@shizenyama.com

2019全日本選手権第1戦近畿大会

2019年4月14日 和歌山県湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:曇り(一時ちょっとだけ雨。終わったらちょっと本降り) 観客数:1,…

Vertigo VERTICALシリーズに「R」登場/もてぎ車販売予定

スペイン製トライアルマシン「Vertigo」に、新たに「Vertical R」が加わった。2019年モデルより新登場するシリーズです。 …

原発事故の思い出[村を出る]

村長が防災無線で避難を呼びかけたのは15日の夜のことだった。富岡の人も含めてみんなで村を出ることにしたのが16日の午前中だった。 ぼく…

自然山通信2019年4月号電子版

自然山通信4月号電子版をお届けします。 ご購入後、ダウンロードしてお手もとの電子端末でお楽しみください。 パソコン、タブレット、スマート…

自然山通信4月号発売!

平成最後の自然山通信・4月号の発売です。ちょっと遅れましたが(先月より一週間早く‥‥)発売開始です。トニー・ボウ選手が同席した初回対談以来大…

2017お勉強会

5/18川内村お勉強会

2010年から8年間にわたって続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島…

イベント(大会)

4/28とんトラ第1戦春トラ

とんトラ、今年の大会日程をお知らせいたします。 そろそろスキー競技&指導員等活動から解放されそうですので、4月7日から準備に上がりますので…

原発事故の思い出[人が多きことは]

川内村が富岡町の避難を受け入れたのは、結局ほんの3日か4日でしかなかった。その後、川内村と富岡町は一心同体みたいにして郡山に避難することにな…

AJP 2potキャリパーピストンインナーKIT

旧車のリペアに。三谷モータースポーツでは1992〜1999年くらいまでのAJPキャリパー30mmピストン用インナー KITを取扱中。 (…

原発事故の思い出[ベンチにて]

集会所の入口には、一枚板で作った机があって、ちょっとお休みができるようになっている。村人的には、あんまりここで休んだりする人はいないのだけど…

ページ上部へ戻る