2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  3. 全日本R3九州までのランキング
  4. 全日本R3九州リザルト
  5. 2018EMと成田匠.fr
  6. MFJトライアル
  7. 1805電子版
  8. 2018年5月号
  9. ムーブレバー
  10. トムス新製品
  11. リザルト関東
  12. 2017お勉強会
  13. TY-Eデビューラン
  14. 自然山通信電子版4月号
  15. 自然山通信2018年4月号
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト関東
  21. リザルト近畿
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. 2018年3月号電子版
  27. 2018年3月号
  28. 1802木彫山本さん
  29. HOSTAL DEL GUIU
  30. イベント(スクール)
  31. 2018 TRRS RAGA RACING
  32. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  33. イベント(スクール)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト四国
  40. フロントフォークプロテクター
  41. Vertigo VERTICAL
  42. 三谷アルミニップル
  43. リザルト中国
  44. TLM50用スプロケット
  45. JITISIEカーボンプロテクター
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中国
  48. イベント(スクール)
  49. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  50. 自然山通信2018年2月号発売
  51. イベント(スクール)
  52. イベント(大会)
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  55. リザルト九州
  56. リザルト中国
  57. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  58. イベント(大会)
  59. T-TRIAL R2モンペリエ
  60. リザルト中国
  61. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  62. リザルト関東

トライアル・デ・ナシオン

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

TDNのルール

 デ・ナシオンは、チームプレーです。
 いわゆる「世界選手権」は、「インデビデュアルワールドチャンピオンシップ」といいます。日本語でいうと「個人世界選手権」となります。これに対してトライアル・デ・ナシオンは「チーム世界選手権」と位置づけられています。FIM(国際モーターサイクリズム連盟)のレースカテゴリーの序列によれば、個人戦よりチーム戦のほうが先に位置しており、もっとも高い名誉が授与されるのが国別世界選手権といえます。


 でも、現在の純然たるチームプレーのデ・ナシオンが確立したのは、1998年のことでした(たぶん)。4人1組というアウトラインは最初から変わりませんが、それまでのデ・ナシオンは、個人競技のリザルトを4人足したものでした。
 A、B、C、Dの4人のライダーが、それぞれ35点、36点、37点、38点のトータル減点をマークしたとします。とすると、このチームの減点は108点。一番減点の多いDさんの成績は抹消されます。じゃ、4人めはいても意味がないじゃないかと思いきや、一人がリタイヤする可能性があります。日本チームでも、中川義博が大会前に負傷して、出場できないという事態が実際にありました。4人目は、そういう事態のために必要な人材でした。
 1995年には、まずAグループとBグループのクラス分けがおこなわれました。Aグループは、10チーム限定。その年のAグループ最下位は翌年はBグループとなり、その年のBグループ最上位が、翌年にAグループ参入となります。一度お休みをすると、翌年には自動的にBグループ降格になるようですが、唯一例外なのが日本。日本は95年以来、2度参加が途絶えていますが、その都度Aグループでの参加となっています。日本がトップを争うチームであることは、すでに万人が認めるところで、欠場があったからといってBグループに降格してしまったら、おもしろくもなんともないというのを、みんながよく知っているということですね。
 さてルールが変わって、現在のまさにチームプレーとなったデ・ナシオンです。4人のうち、3人の成績を採用するという点では、以前のルールと変わりません。ただ、新しいルールは、ひとつずつのセクションについて、4人のうち3人の減点をとります。たとえばこんなチームがあります。

A国 1 2 3 4
C 0 0 0 5 5
D 5 0 0 0 5
E 1 0 5 0 6
F 0 5 0 0 5
小計 1 0 0 0 1

 このA国の減点はトータルで1点です。5点はいっぱいありますが、この5点はこの国の成績に影響がなかったということです。

B国 1 2 3 4
G 1 1 1 1 4
H 1 1 1 1 4
I 1 1 1 1 4
J 1 1 1 1 4
小計 3 3 3 3 12

 一方このB国は、ライダーの実力は平均していて、ライダー一人一人の成績は、上の国よりも勝っています。ところが国別のトータルポイントは、勝負になっていません。
 逆に言えば、ひとつのセクションを3人がクリーンすれば、最後の一人はセクショントライしないでエスケープしても、結果オーライということです。全員が持てる実力を発揮すれば結果が自ずとついてきたのが昔のデ・ナシオンのルール。今のデ・ナシオンでは、たとえば3人が3点になっているとしたら、最後の一人は確実に3点で抜ける必要はないです(ただし、減点数が同点となった場合は、チームメンバーすべてのクリーンを加算してクリーン数の多いチームが勝利します。A国はクリーン12、B国はクリーンゼロです)。思いきりクリーンねらいで、それで玉砕して5点になっても結果は同じ。運良く3点以下で抜けたり、一発勝負でクリーンしてしまったりしたら、大金星です。
 こういうルールでは、選手同士のコミュニケーションはもちろん、チーム監督の采配も重要になってくるかもしれません。残念ながら、日本チームはいつも人員的にぎりぎりなので、敵情視察や監督業をやるところまで人手がないのが現実です。
 チームは4人同時にスタートし、4人がゴールした時点でゴールです。いつもは2分ごとにスタートをしていくライダーですが、4人1組なので、スタート間隔は8分となっています。一人がリタイヤしてしまった場合は、その一人の成績は全部排除されるはずで、そうすると、3人がクリーンしたから5点でいいやという判断もあやしくなってくる可能性があるわけですね。
 ちなみにレディースは2000年から始まりました。最初は、チームメンバーふたりの成績がそのままチームの成績となっていましたが、男子と同じシステムにするべしというレディースからの強い要望もあり、現在は3人のうち2人の成績をとるということで、男子と共通性を持たせてあります。

関連記事

アウトドア開幕、勝利はやっぱりボウだった

5月20日、トライアルGPは、いよいよ2018年アウトドアシーズンが開幕した。今回はトライアルGP、トライアル2、トライアル125の3クラス…

化けるか野崎ぶっちぎり勝利

化けるか、野崎。ぶっちぎり勝利の2018九州大会

野崎史高が、3年ぶりに勝利をおさめた。今回の野崎は、ライバルも舌を巻く絶好調でのぶっちぎり。2ラップを終えて、SSを待たずに勝利を決めた。 …

全日本R3九州までのランキング

2018全日本ランキング(〜第3戦)

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってるかも…

全日本R3九州リザルト

2018全日本第3戦九州大会全結果

2018全日本選手権シリーズ第3戦九州大会 2018年5月13日 天候:曇りのち雨 大分県玖珠郡玖珠町玖珠トライアルヒルズ 観客…

2018SSDT、水曜、木曜、どうでしょう?

スコティッシュ6日間トライアルは、いよいよ佳境。海の向こうでは、250名近いトライアルばかどもが、この世のものとも思えない魅力的な荒野と戦っ…

ページ上部へ戻る